fbpx
BLOG

あまり
知られていない
はちみつの魅力

  1. HOME
  2. ブログ
  3. はちみつの不思議
  4. 夏至の日は、ハチミツの日?!
夏至の日はハチミツの日 ブログ20206.20

夏至の日は、ハチミツの日?!

 

こんにちは^^
イロハニーのはちみつマイスター
近藤です。

 

今回は
ハチミツの「一般的な効能」

以外の

ハチミツのもつ「不思議な効能」
に触れてみたいと思います^^

 

“???”

 

と思われた方も、

そんなこともあるんだー
くらいに

読みすすめていただければ
と思います^^

ハチミツのパワー

 

6月21日は夏至の日。

昨年にも記事を書きましたが
改めて。

 

1年で最も太陽が
地上に出ている「時間」が夏至です。

日が長い1日とハチミツには
不思議な関係があるんです^^

まず、ハチミツは
木々や植物の花から
蜜が採れます。

その木々は
大地に降り注ぐ
太陽のエネルギーを
たっぷり取込みながら育ち

そして蜜をふくむ花々もまた
太陽の光をたくさん浴びて
育ちます。

基本的に
植物は太陽のエネルギーを
ふんだんに含んでいますので

ここまでは
他の植物や野菜なども
同じことが言えます。

ですが

ハチミツは何が
違うのかというと

 

「ミツバチがハチミツをつくっている」

 

ということなんです。

ミツバチは採ってきた蜜を
自分たちで黄金の色の
ハチミツに変えます。

これが他の植物や
野菜に無い
+αのヒミツです。

 

太陽のエネルギーを
含んだ花の蜜に

ミツバチのエネルギーも注がれます。

更に
「ゴールド」になることによって
太陽のエネルギーとリンクする。

これが
ハチミツと太陽の関係です。

だからハチミツを食べる
ということは

 

「太陽のエネルギーにあやかる」

 

ということ。

 

太陽を浴びると
植物が育つように

人もそれぞれ
内側に持っているものを
後押ししてくれるんですよ^^

ハチミツパワーの取り入れ方

 

ハチミツは
一つ一つに個性(エネルギー)が
異なるということはご存知でしたか?

地域、森の特性、
雨、土、風、花、養蜂家さん、、、

それぞれ異なる要素が折り重なり
育まれてハチミツになります。

 

一人として
同じ人間がいないように

同じ性質のハチミツはありません。

 

私自身の
経験したお話しですが

以前の私は
自分にできることは
何も無いと思っていました。

そのときずっと食べていたのが
秋のあおばら

 

そのときは無意識に食べてましたが

ハチミツのおかげで
自分だけにしかできない、

全く予想も出来なかった
自分に出会えました。

 

「自分の力を発揮したい!」

 

と思ったときは
夏のせいふうを食べる。

 

「まわりのことばかり見てて
自分のこと全然見れてないな、、、」

 

と思ったときは
春のはるはなを。

 

「一歩踏み出したい!!」

 

というときは
さくら蜜を。

 

そして
「本当の自分を見つけたい!」

 

というときは
あおばらを。

 

そんな風に
その時々の状況にあわせて
ハチミツを選び

現状を変えていたりします。

 

うそのような
ほんとの話し^^

「自分に必要なハチミツがわかる」
と、そんな使い方もできます^^

 

信じる人も
信じない人も

太陽の陽が出ている時間が
一番長い夏至の日に

自分の好きなハチミツを食べて

太陽とハチミツのパワーに
是非あやかってみてください^^/

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事