BLOG

誰も教えて
くれなかった
はちみつの魅力

  1. HOME
  2. ブログ
  3. はちみつの基本
  4. ハチミツってどうやってできるの?①

ハチミツってどうやってできるの?①

 

普段あたり前に食べているハチミツですが
どのようにできるのかご存知ですか?

 

“ ミツバチが、つくるんだよね、、、 ”

 

そうです!
ハチミツはミツバチがつくってくれています。

 

では実際、ミツバチが
どのようにハチミツをつくっているのかを
ざっくりゆったりご紹介していきたいと思います。

 

1.ミツバチの仕事

 

ミツバチたちは毎日とっても忙しいです。

 

というのも
1つの巣のミツバチの数は
2~3万匹と言われていて

 

巣を維持するため
ハチミツをつくるため
産まれてからすぐに仕事が与えられ
生涯を終えるそのときまで
ずっと役割があるからです。

 

“ 産まれてから最後まで??”

 

なんて働き者なんだろうと思いました。
しかも、ハチミツづくりは分業で行われます。


“ 分業??? ”

 

?の連続です。
分業ってどんなことしているんだろう?

 

それでは分業内容をみていきましょう。

 

1.掃除係 ( 羽化から5日ほど )

 

産まれてすぐに
自分が育った巣穴のお掃除からはじまり

 

巣全体の巣穴を
産まれたミツバチたちは手分けして
お掃除します。

 

2.育児係 ( 3日から12日ほど )

 

女王蜂は毎日たくさんの卵を産みます。

その卵と産まれた幼虫の管理をするのが
育児係のミツバチです。

 

なので育児係のミツバチたちは
幼虫たちに蜜をあげたり、温めたり
大忙しです。

 

3.巣作り係 ( 8日から16日ほど )

 

自分たちの巣は
自分たちでつくります。

 

ミツバチ自身のカラダから
ミツロウを分泌させて
巣づくりします。

 

4.内勤係 ( 12日から18日ほど )

 

花の蜜を採ってきたミツバチから
蜜を受け取り
完熟のハチミツにまでつくりあげるのが
この内勤係です。

 

その他にも
巣内の温度や湿度調整もしています。

 

5.門番係 ( 16日から24日ほど )

 

巣内での子育て
ハチミツづくりが安全にできるよう
外敵から巣を守ります。

 

6.外勤係 ( 20日から30日ほど )

 

ハチミツのもととなる
花蜜を採りにいきます。
花蜜と一緒に花粉も集めてきます。

 

以上
6つのパートに分かれて仕事をしています。

 

年齢を経るごとに変化させていき

 

最後は
仲間に迷惑がかからないよう
巣を出て、人知れず木の葉の影などで
生涯を終えていきます。

 

“ えぇぇ…なんて健気な… ”

 

はじめて聞いたときは
思わず、ウルウルきてしまいました。。。

 

と、同時に

 

“ あれ?外勤係が最後ということは
  私たちが普段目にするミツバチは、ご年配、、、??”

 

もう、ミツバチ見かけたら

 

“ がんばれっ p(^^)q ”

 

って言っちゃう!

 

そしてそして
この1から6の仕事をしているのが働き蜂で
そのすべてがメスなのだそう!


“ ん?とすると、
一体オスは何してるんでしょう?? ”

 

みなさん、そう思ったはず、、、

 

でも
オスはあまりハチミツづくりには関係なく
本題のハチミツのつくり方になかなか進めない。
ということで、そこはまたの機会にさせていただきますね~

 

つぎはいよいよハチミツづくりをご紹介していきます。

 

続く → ハチミツってどうやってできるの?②

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事